数学の受験勉強短縮のコツ

理系の大学進学を検討している人、国公立の大学受験を希望している人にとって、数学は大きなウエイトを占める教科になるでしょう。
数学の勉強ですが、基本は問題集を解き、解法のパターンをマスターしていくことです。
数学の受験勉強を効率的に進めたいと思っている人におすすめなのが、計算を省略する方法があります。
「数学で肝になる計算を省略して学力はつくのか?」と不安に感じる人もいるでしょう。

数学の場合、もちろん計算をして解を導き出すことは大事です。
しかし数学を理解しているかどうか判断するのは計算ができているかというよりも、適した解法を使って問題を解いているかどうかです。
つまり解法がわかっていて、あとは計算ミスをしない限り正解ができるようなところまでやれば、その問題は理解できていると判断できます。
ですから計算をして解答を出す工程は省略して、できるだけ多くの問題を解いていっても問題はありません。

特に記述式の入試の場合、計算ミスで間違っていてもそれほど大きな減点にはなりません。
ところが解法がわかっていないと、大きな減点につながりかねません。
そもそも解法がわからないと手のつけようがないため、その問題はゼロ点となる可能性も考えられます。
そう考えると、計算に時間を費やすよりは解法を理解することにより多くの時間をかけた方が、数学の成績向上につながるわけです。
受験勉強できる時間には限りがありますから、いかに有効利用するかも考えていく必要があるわけです。


>>効率的な大学受験対策なら、通信教育がオススメ!