評論問題の受験勉強

国語、とりわけ現代文の受験対策をあまりしないという人は多いです。
「やりようがないから」と言ってあきらめてしまう人もいるようですが、現代文に関して受験勉強する方法はもちろんあります。
現代文の受験勉強で大事なことは、解答を見つけるまでのプロセスをしっかり理解することが大事です。
たとえば現代文の問題の中で、評論文が出題されることは多いです。
評論文の政界を導き出すには、一定のプロセスがあります。

まずは設問をチェックしましょう。
そしてどのような問題があるのかをチェックします。
続いて問題文を読むことで「どこに重点を置いて読み進んでいけばいいのか」がわかります。
別に問題で尋ねられていない個所は軽く読むようにして、ポイントになりそうなところにより多くの時間をかけて読み、理解を深めれば、正解に近づきます

評論文の場合、筆者の言いたいこととその根拠になっている部分、たとえ話を使ってわかりやすく解説している部分などで構成されています。
後者の2つに関しては、その文章の本質を理解するうえであまり重要な個所ではありません。
そこで軽く読むだけで十分です。
そして筆者が何を言いたいのかについて書かれている箇所をしっかり読み込みましょう。
「ですから」とか「つまり」「よって」などのワードの書き込まれている所は、筆者の言わんとしていることの可能性が高いですから要注意です。

現代文の問題は、文章の中に書かれているものから答えを導き出します。
決して一般的な考え、常識などで解かないことも受験勉強する上で重要です。


>>効率的な大学受験対策なら、通信教育がオススメ!