古文の受験勉強

大学受験勉強になってくると、国語の中で古文の問題も一つは出題されるはずです。
古文も日本語の一種ではあるものの、現代の私たちにとっては、かなり異質な言葉のようなイメージがあります。
その意味では英語の受験勉強に近いイメージで取り組んだ方が良いでしょう。
英語の場合、単語や語彙力をつけることが何よりも優先されます。
言葉の意味がある程度理解できれば、何について書かれている文章かがある程度理解できます。
古文に出てくる頻度の高い単語や言い回しなどをまずは理解するところから始めましょう

古文で単語を頭の中に入れる方法は、英単語を暗記するアプローチに近いでしょう。
例文を呼んで、覚えるのが頭に入ってきやすいはずです。
そして黙読するのではなく、声に出して読んだ方が暗記もしやすくなります。
電車の中など、他にも人がいる場合、なかなか声に出して読むのは難しいかもしれません。
その場合には、CDなどを使って耳に入れる方法を使ってみましょう。

古文の文法に関しては、まず助動詞を理解することを優先しましょう。
現代の使い方と古文の使い方とでは、かなり違いがあります。
助動詞をしっかりマスターできれば、古文の理解度も格段にアップします。
その他には敬語の使い方も重点的に受験勉強することです。
誰がどのような敬語を使っているかで、登場人物の立場の関係がよりわかりやすくなります
このように押さえるべきポイントをしっかりカバーする受験勉強をすれば、成績もアップする可能性は高いです。


>>効率的な大学受験対策なら、通信教育がオススメ!